放射線対策に「しきい値」はなし

良く言われるように、放射線対策において最も重視すべきは、放射能に汚染された環境へ立ち入ることによって被曝する「外部被曝」よりも、放射性物質を含む食物や水などを摂取することによる「内部被曝」である。従って、居住する家屋やその地域での放射線量当量(単位シーベルト)の値が低いからと言って、日々の食事や飲料水が汚染されていることも考えられるので、それだけでは安心できない。風評被害が深刻化しているのが気になるが、国民の健康のためを考えると頭の痛い問題である。

つまり、放射線対策には被災地だけでなく、グローバルな問題である。また、年間許容放射線量当量は成人の場合で200ミリシーベルトであるそうだが、これも法的な裏付けのない暫定基準値に過ぎず、ましてや科学的根拠の乏しい数値である。これが、日々細胞分裂を激しく

Share on Facebook

Comments are closed.